2009年04月30日

D*A*M 1966デモ

D*A*Mの1966デモ動画です。

全開のレインのからみでトーンベンダー系のエフェクターを載せてみました。

D*A*Mはイギリスのハンドメイドエフェクターブランドで、この1966はVOXトーンベンダーを忠実に再現+αの機能をつけたもの。

トーンベンダーはファズの分類にはいるのだと思いますが、VOXやSOLASOUND等様々なブランドのものがあります。OEM製品だったりイタリア製だったりとかなり複雑でようわかりません。
そして構造は年代や機種によって微妙にちがうようですが、こちらの1966は1966〜68年までイタリアで製造されていたVOXトーンベンダーをレプリカしたもの。しいて言うならビートルサウンド(ビートルズもいろいろなトーンベンダーを使っていたようなのではっきりとはわかりません。ラバーソウルではSOLASOUND製MKTを、リボルバーではMK1.5を使用した模様。MK1.5とvoxは回路も近いようですが、なんか頭こんがらがってしまうのでとりあえずビートルサウンドってことで・・・)

私は機械オンチなので機械的なことはほとんどわかりませんが、ファズと一言で言ってもその定義は幅広く、60年代ブリブリサウンドの代名詞である68年頃まではダイオードクリップを使わずゲルマニウムトランジスタを重ねただけの構造のようです。
なので言ってみれば超個性的なプリアンプ/ブースター。
同じファズでもBIGMUFFに代表されるような70年代のザラザラサウンドとは一線を画すようです。

ついでに私はオリジナルトーンベンダーを生で聞いたこともないのでこの1966がどれだけオリジナルに近いのかはわかりませんが(オリジナルはかなり個体差があったようですが)
このデモ動画の音を聴く限り、「んー60年代っぽい」って感じです。

ダイナミクスをまったく無視して、なおかつディストーションのようなうねるサステインもない。
はっきりいってかなり扱いづらそうですが、音そのものとしてはかっこ良過ぎるくらいにかっこいい。
一歩間違えば雑音に、うまく使いこなせればすごい武器にって感じ。

「リボルバー」のサウンドが大好きな私としては、いつかお金に余裕ができたら欲しいエフェクターです。






D*A*M Stompboxes 1966

posted by ギターRAG at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | EFFECT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

XOTICのAC Booster

XOTICのAC Boosterのデモ動画です。ギターはストラト系のようです。

こちらも古くからあるハイエンド系オーバードライブ/ブースターペダル。
多くのプロの使用でも知られています。

ナチュラルさが売りのこのシリーズですが、こちらのAC Boosterは白い躯体のRCBoosterよりもややハイゲインだということです。

動画の音を聴くとやっぱりピッキングのダイナミクスはストレートですね。歪みはやや荒っぽい感じでワイルドです。
あくまでナチュラルを追求するブルージーなプレイとかだったらRCBoosterの方が向いてそうですが、プラスα荒っぽさも欲しい場合にはこちらピッタリな感じします。ガレージロックなんかに合いそう。

ドライブペダルでいつも迷うのはダイナミクスを強調したものとコンプレッションを強調したものどちらをとるかです。
とくにフェンダー系のプレイヤーの方には永遠のテーマじゃないでしょうか?
鈴鳴りのようなアタックもフェンダーの醍醐味だし、ブリっとひしゃげたアタックもギターロックの醍醐味。
まあ、間をとって正統派なドライブペダルにすればいいんでしょうけど・・・・・

こちらのAC Boosterはワイルドながらに鈴鳴り系ですね。GAINフルアップしてもしっかりピッキングニュアンスが出てるように感じます。



XOTIC ( エキゾティック ) / AC BOOSTER
XOTIC ( エキゾティック ) / AC BOOSTER
ラベル:デモ
posted by ギターRAG at 13:20| Comment(4) | TrackBack(0) | EFFECT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

Maxon OD820 デモ

Maxon OD-820のデモ動画です。

チャーさんが仕様していたことで有名なOD880のトーンが付いた直系。

まさに正統派オーバードライブといった感じがします。
アンプっぽい圧縮されたドライブ感がありながらもトランジスタのスッキリ感もあるって感じでしょうか。

チューブスクリーマーよりもこもり気味という感じもしますが、逆にアンプに近くて自然っていう感じもします。

特にインパクトのあるドライブではないですが、だからこそプレイヤーの持ち味が引き出されるのかもしれません。

やっぱそこが名器なのですね。



MAXON ( マクソン ) / OD820
MAXON ( マクソン ) / OD820
ラベル:デモ
posted by ギターRAG at 22:59| Comment(2) | TrackBack(0) | EFFECT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月31日

HOT CAKE デモ

CROWTHER AUDIOのオーバードライブ「HOT CAKE」のデモ演奏です。

HOTCAKEはニュージーランド製のハンドメイドエフェクターで、ハンドメイドエフェクターに注目が集まりはじめた頃から人気の高いオーバードライブです。

ホットケーキは私も結構長いこと使ってまして、当時はコンパクトエフェクターに3万円以上も出すことにやや抵抗があったのですが、評判の良さから購入しました。

使用感としては、圧縮感があまりないというか、ややウォームだけどキレイな響きです。
特にピッキングニュアンスがとてもキレイに出るので、シングルコイルでアルペジオなんか弾くとすごく良い響きになります。
アタック感はダイレクトで、サステインにドライブがかかるといった感じです。
ドライブのツマミを12時以上にあげると、やや圧縮感が出てきますがかなりスッキリとしたドライブ感。昔のディストーションほどじゃないですが若干の音痩せはあります。






CROWTHER AUDIO HOT CAKE 3KNOBS

リニューアルされたHOTCAKE。
ディップスイッチという機能がついてチューブスクリーマーのような
コンプレッションの効いたサウンドや、音痩せしないバキバキの重低音等、
スイッチによって本来のHOTCAKEのサウンド以外も楽しめるようです。

posted by ギターRAG at 19:49| Comment(2) | TrackBack(0) | EFFECT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

DIGITECK CROSSROADS デモ

すっかりプロレスブログになってしまいましたが、軌道を戻します。

DIGITECHのERIC CLAPTON CROSSROADSペダルのデモ演奏の動画です。

おもしろそうだなあって思っていたペダルです。
基本オーバードライブペダルですが、クラプトンのギターテクニシャン、リーディクソンの協力で、クラプトンのレコーディング技術をすべてモデリングしたエフェクターのようですです。

だから、これ一個でクラプトンサウンドがすぐだせるっていうツワモノ。

最近は面白い機材ががたくさんあるものです。

動画の音、たしかにブラッキーを使用してた頃の枯れてトレブリーなサウンドっぽい感じがします。
アンプはブルースジュニアのようです。



こちらはブラッキーの頃のクラプトン「コカイン」


メーカーサイト




Digitech CROSSROADS


ラベル:デモ
posted by ギターRAG at 19:05| Comment(4) | TrackBack(0) | EFFECT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

MJM ロンドンファズ デモ

MJMのLONDON FUZZのデモ映像です。

MJMはカナダのハンドメイドエフェクターメーカー。往年の名器を意識した高品質のペダルを出掛け、近年非常に評判の良いブランドです。

このLONDON FUZZもアービターのファズフェイスを彷彿させる、ゲルマニウムファズです。

ストラトでのデモのようですが、モンタレーの頃のジミヘンサウンドっぽい。てかこころなしかファズフェイスほどガーガーモーモーしてない感じがします。音痩せが少なく低音もしっかり響いてるような。

私は理科チックなことはさっぱり解からないのですが、この辺がやっぱ技術の進歩なのかな。

もっと幅広く使えるジミヘン的なサウンドって感じがします。






MJM GUITAR FX LONDON FUZZ



ラベル:デモ
posted by ギターRAG at 20:14| Comment(2) | TrackBack(0) | EFFECT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

VOX BIGBEN

VOXのオーバードライブペダルBIGBENのデモ映像です。

真空管12AU7搭載の名前からしてブリティッシュの香り漂うオーバードライブ。

VOXのペダルはその価格とは不釣合いな良いサウンドと、よくレビューなどでみかけます。中でもこのBIGBENは人気のようです。

私はエフェクターはほとんど使わないんですが、やっぱ良いドライバーを何個か持っとくとここぞという時に重宝します。これいいなぁ・・・。トゥルーバイパスだから、あんま使わない私のような人間にもありがたい。何より価格が素敵・・・

動画のサウンドもブリブリしてカッコ良いです。ギターはシングルっぽい。
私は特にブーストさせた時の音が好きです。ほどよくコンプレッションされていてピッキングニュアンスも死んでない感じがします。






VOX Big Ben Overdrive CT-02OD



ラベル:デモ
posted by ギターRAG at 20:07| Comment(0) | EFFECT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

トーキングモジュレーター ジェフベック

かなり音質は悪いですが、BB&Aの"Superstition"。貴重な映像です。

ジェフベックが弾いているのはレスポールですが今回はエフェクターに注目。

最近はほとんど見かけなくなった「トーキングモジュレーター」です。

ギターが喋っているように聞こえますが、まさにそのとおりのエフェクター。当時のギター小僧が度肝を抜かれたという映像です。

原理はいたって簡単で、エフェクターの中に小さなスピーカが入っていて、その音がホースを通って口の中に響きます、それをボーカルマイクでひろうんです。

セッティングが面倒くさく一番の難点はよだれがだらだらになることです。

今ではもっと機能的で斬新なモジュレーション類があるので、よだれたらしてまで使うものではないですが、ライブパフォーマンスとしてはかなりインパクトがあると思います。

高校生の頃、ウォークマンのイヤホンを家庭用アンプにつなぎ口の中に入れて試したことがありますが、こんな音でした(感電する可能性があるので絶対真似しないように!)








Dunlop HT-1 HEIL TALKBOX
ジム・ダンロップのトーキングモジュレーター。
動画の機材と同じ物ではありません


posted by ギターRAG at 19:35| Comment(0) | EFFECT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。