2009年08月22日

ジョーン・ジェット Cherry Bomb

ジョーン・ジェットの「Cherry Bomb」

元祖ガールズパンクバンド、ザ・ランナウェイズのヒットナンバーです。

ジョーン・ジェットはザ・ランナウェイズのリズムギターで、のちにソロとして最も成功し現在でもロックな活動をしているようです。

弾いているのはギブソンの白いメロディーメーカー。
ジョーン・ジェットのトレードマークでもあります。

シングルコイルではなく、バーストバッカーを1基搭載しているようです。

かきむしりのサウンドは理屈抜きにかっこいい。
ルックス・サウンド共にパンクなギターって感じです。






Gibson Joan Jett Signature







posted by ギターRAG at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | GIBSON その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

ホワイルマイギター バードランド

ジョージ・ハリスンによるバングラディッシュ難民救済コンサート。

ジョージとエリック・クラプトンによる名競演”While My Guitar Gently Weeps”

何を思ったかクラプトンは、この泣きのソロをバードランドでプレイしています。
すごい度胸です。

この当時クラプトンは薬物依存でステージに立つのがやっとだったという噂ですから、やけくそだったのかも。

しかし、さすがにチョーキングビブラートは厳しいもののこじんまりソフトに泣いてますね。

まさに”Gently Weeps”。オリジナル版のレスポールでは”大泣き”と言ったとこでしょうか。

さすが”神様”。









posted by ギターRAG at 20:32| Comment(2) | GIBSON その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。