2009年07月10日

ディドリーボウ

前回のボ・ディドリー繋がりで、ディドリーボウ(楽器)の映像です。

デルタブルースの原型的楽器。

楽器など買えない労働者たちが、箱や缶に棒を挿し針金をはって楽しんだ模様です。

揖保の糸の空き箱にタル木打ち付けて自分でも簡単に作れそう・・・

そういえば沖縄の三線にも空缶のやつとかあったような。



ラベル:デモ
posted by ギターRAG at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | その他楽器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

ボ・ディドリー

前回のリズムギターつながりで、ボ・ディドリーの映像です。

ロックンロールの神様、そしてビートの神様です。

ギターとはビートを刻むためだけのもの、それ以外の何でもなしといった潔さを感じてしまう・・・

黒人では珍しくグレッチを弾いてますが、この四角いモデルにも、余分なもんは一切いらんといった潔さを感じてしまいます。

ボ・ディドリーという芸名も、かつて黒人たちが箱や缶に棒をくっつけて作った1弦ギター(ディドリーボウ)が由来なので、それを意識したモデルなのでしょう・・・

それにしてもかっこよすぎます。
かつてジミヘンがインタビューで「俺のやっていることの原点が知りたかったらボ・ディドリーを聴いてくれ」と言ってました。






GRETSCH G6138 ボ・ディドリー シグネイチャー

GRETSCH ( グレッチ ) / G5810 Bo Diddley
GRETSCH ( グレッチ ) / G5810 Bo Diddley
※動画の楽器とは一部仕様が異なります



posted by ギターRAG at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | Gretsch | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

THE WHO Behind Blue Eyes

THE WHOのBehind Blue Eyes。

私の中でピート・タウンシェンドはバッキングの神様です。

ジミーペイジのように強烈なリフを組み立てるわけでもありません。
フーにはジョン・エルトウィッスルという強烈なベーシストがいるので、もしピートが強烈なリフを弾いてたらぶつかってしまってたかもしれないし。

キース・リチャーズのように強烈なビートを刻むわけでもありません。
これもフーにはキース・ムーンという強烈なビートメーカーがいるのでぶつかっていたかもしれません。

基本ストロークやアルペジオなのですが、何なんでしょうこのかっこ良さ?
やっぱセンスでしょうか・・・







Gibson USA LP DELUXE Gold

中古のLPデラックス、ゴールドトップ。2000年製。





ラベル:ブリティシュ
posted by ギターRAG at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Les paul | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

ジョニー・ウィンター ロックンロールフーチークー

ジョニー・ウィンターのロックンロールフーチークー。

原曲はジョニーウィンターアンドのバンドメイトでもあったリック・デリンジャーです。

私自身、丁度どうやったらかっこよくギターが弾けるのか試行錯誤するのが面倒臭くなってきてた時期、初めてジョニーウインターを聴いて衝撃がはしりました・・・
「あ、何も考えず弾きまくればいいんだな・・・」

でも実際やってみると当然ながらそう簡単にはいかず・・・

この人のプレイってボーカルで言うところの「ブレス」が無いんですよね。
本来ブルースって「間」を楽しむ音楽のように思うんですが、あえて「間」を埋めてしまうことで疾走感が生まれるというか。

話は変わりますが、ジョニー・ウインターって本当はストラトの音が一番好きらしいんです。

でもこの人みたいな完全ブルーススタイルの強いグリップでこういう疾走プレイをすると、弦のテンションの高いストラトでは指がもたないそうなんです。

なので、ギブソンで一番ストラトに近い音を出すファイアーバードを選んだとか。
もう完全にトレードマークになっていますが、理由はそういうことのよう。

90年代からは、さらに弦のテンションの低いレイザーのギターに変えてますが、これもストラトに近い音が出るからとか。






Gibson Firebird V




TOKAI  FB-53 VS

※動画の楽器とはメーカーが異なります

posted by ギターRAG at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Firebird | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

エアロスミス ママキン

エアロスミスのママキンです。2002年の日本公演。

この曲を聴いていつも感じるのはどうしたらこんな面白いバッキングが思いつくのか・・・

やっぱすごいですジョーペリー&ブラッドウィットフォード。

ジョーペリーがコーリナーのフライングV、超はまります。ヘッドはフューチュラのスプリッドヘッドですが。
ブラッドはデュオジェットでしょうか?

サウンド的にもルックス的にもはまりまくってます。
ロッケンロールです。

ソロはブラッドが弾いてるようですが、歪ませたグレッチもかっこいいなあ・・・



posted by ギターRAG at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Flying-V | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月04日

マイケルジャクソン&スラッシュ

マイケル・ジャクソン追悼の意でマイケルとスラッシュによるBLACK OR WHITEの動画です。

オリジナルのかっこよすぎるリフはスラッシュの演奏であることは有名です。

最後にスラッシュが暴走しちゃってます。スタッフにまでとめられて・・・。
でも他のツアーでも同じシーンがあるようで、どうも演出のよう・・・。

曲名のとおり、黒と白、ポップとロックの融合を目指した偉大な人でした。

そして後半ビリージーンでの円熟したダンスは圧巻です。ゴシップが多くなってからはマイケルジャクソンの映像を見る機会ってなかったのですが、こんなにも円熟してかっこいいとは・・・

ご冥福お祈りします。




posted by ギターRAG at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | Les paul | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。