2009年05月08日

クロスロードギターフェスティバル2007

エリッククラプトン主催のクロスロードギターフェスティバルの2回目、2007の映像です。

前回のロックの殿堂での共演がハードロックロックの夢の共演なら、こちらはブルースロックの夢の共演ってとこでしょうか。
最近は大御所たちのセッションが目白押しですね。

曲は「Sweet Home Chicago」主催のエリック・クラプトンはもちろん、さすがのパティ・ガイのトレブリーで攻撃的サウンド、ソロのタイミングをのがすヒューバート・サムリン(笑)、アルコリンズを彷彿とさせるパワフルなロバートクレイ、若手ながら異常に安定したジョン・メイヤー、柔らかな鈴なりのジミー・ヴォーン。途中ちょっとグダグダした部分もありますが(笑)皆ゆったりとリラックスして楽しんでいる感じで素敵です。

そして一人座って弾いてるおじいちゃん・・・
ジョニー・ウインターじゃないですか!!
もう往年の影はありませんしプレイもやっとこって感じ。
でもジョニーのソロでは会場が一番沸いてます。
そして何が嬉しいって、クラプトンと共演してるってこと!

おそらく共演は初めてだと思います。ディランの30周年でニアミスはしてますが。
互いにある程度は影響しあい東西の弾きまくりホワイトブルースの先駆者的存在でありながら、接点うすいんですよね。

んーでもジョニーウインターがバリバリ弾きまくってた頃に熱のあるバトルを繰り広げてほしかったって気もします。





Fender USA Eric Clapton Up Date Stratocaster




Fender Mex Robert Cray Stratocaster




Fender MEX Jimmie Vaughan Tex-Mex Strat
posted by ギターRAG at 22:41| Comment(2) | TrackBack(0) | ギターバトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

ロックの殿堂2009 夢の共演

4月6日に行われたロックの殿堂セレモニーの動画です。

今年の受賞者はジェフ・ベック、メタリカ、RUN-DMC等
そしてプレゼンターも豪華です。
なんとジェフ・ベックへのプレゼンターはジミー・ペイジ。よだれがでますね。

そして恒例のステージではすごいことになってます。
ジェフ・ベック、ジミー・ペイジ、ロン・ウッド、ジョー・ペリー、カーク・ハメット(メタリカ)。
60年代〜80年代までのギタースタイルの縮図を見るかのようなメンバー。
ただ、ジェフ・ベックに関してはどんどん進化しちゃってるから時代は関係ないですが。

こんなにも濃い共演はなかなか無いですね。ジミーペイジとロンウッドがソロをとってないのが少々残念ですが、バッキングのリフはペイジっぽいです。

そしてペイジとベックによる移民の歌も。ペイジが持っているのはフェンダーエレクトリック12でしょうか?






FENDER USA Jeff Beck Stratocaster




ESP KH-2 OUIJA/WH

posted by ギターRAG at 20:07| Comment(4) | TrackBack(0) | ギターバトル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。